内田光子 ピアノ・リサイタル

2018年10月26日 ~ 2018年10月26日 水戸芸術館 コンサートホールATM

シューベルトが見つめた「永遠」を、内田光子のピアノが現前させる。

 現代最高のピアニストのひとりとして、世界中から尊敬と賞賛を集めている内田光子の水戸芸術館でのソロ・リサイタルが5年ぶりに実現する。内田は、全身全霊をかけて作品の中に入り込み、徹底的な作品研究を背景に、他の誰も為し得ることのなかった新しい音楽の地平を、緻密な表現を通して出現させる。
少女時代をウィーンで11年間過ごし、ウィーン文化を吸収した内田光子が、「誰よりも心に語りかけ、強い影響を受けた、愛してやまない作曲家」と語るのが、シューベルト(1797-1828)である。今シーズンの内田は、そのシューベルトのピアノ・ソナタ作品ですべてを構成するプログラムで、世界ツアーを行っている。
 水戸のリサイタルに選ばれたのは、〈第7番 変ホ長調〉、〈第14番 イ短調〉、〈第20番 イ長調〉の3曲。〈第7番 変ホ長調〉はシューベルトのピアノ・ソナタ創作の初期にあたる作品で、1815年のピアノ・ソナタ初作から2年後の1817年、20歳の時に作曲された、みずみずしい作品である。〈第14番 イ短調〉は、シューベルトの成熟したピアノ・ソナタの最初の作品と言われており、1823年に作曲されている。この〈第14番〉が完成する前年の1822年末に、シューベルトの生涯にとって重要な事件が起こってしまう。彼の生命をわずか31歳で奪ってしまうことになる病気が発見されるのだ。以来、シューベルトにとって音楽は、終末に向かいつつある我が身の絶望を表明し、魂の救済を希求する場となった。そうしたシューベルトの苦悩と救済の音楽の傑作群が、死の2か月前、1828年9月に作曲された3曲のピアノ・ソナタである。〈第20番 イ長調〉はその中でも、もっとも流麗で光に溢れている。
 儚い「生命」のその先にシューベルトが見つめた「永遠」を、神に祝福された才能をもつ内田光子のピアノが現前させる。

主催者・アーティスト

内田光子

開催日時 2018年10月26日2018年10月26日
19:00 ~
会場 水戸芸術館 コンサートホールATM
水戸市五軒町1-6-8
関連URL https://www.arttowermito.or.jp/hall/hall02.html?id=1487
料金 【全席指定】A席13,000円、B席11,000円
備考

18:30開場 19:00開演

情報更新 2018年9月 9日 (URL)

コメントを書く