幾星霜の想いを描く 仲 裕行 展

2024年8月27日 ~ 2024年10月26日 常陽藝文センター 藝文ギャラリー・藝文プラザ

日本画家・仲裕行さん(日本美術院特待、龍ヶ崎市在住)は、東京藝術大学大学院生の時に訪れた敦煌・莫高窟で仏教美術の迫力に魅せられて以来、中国現地に取材し大地に根差して生きる人々の姿を描いてきた。今展の前期は実験的に制作する水墨画の新作を中心に9点、後期はアジアの少数民族のテーマを含むこれまでの作品8点を展示する。

写真:「雲龍図」


主催者・アーティスト

仲 裕行

開催日時 2024年8月27日2024年10月26日
10:00 ~ 17:00
会場 水戸市三の丸1-5-18 常陽郷土会館内
関連URL https://www.joyogeibun.or.jp/tenji/
ジャンル
料金 無料
備考

前期 8月27日(火)~ 9月21日(土)
後期 9月25日(水)~10月26日(土)

休館日:
毎週 日曜日・月曜日、8/13(火)~8/16(金)

情報更新 2024年7月 1日 (URL)

コメントを書く