求道の画家 岸田劉生と椿貞雄

2017年10月 7日 ~ 2017年12月17日 笠間日動美術館 企画展示館

大正期の写実絵画の異才岸田劉生(1891-1929)とその弟子椿貞雄(1896-1957)。この二人の運命的な出会いは、椿が劉生に教えを請う手紙を出したことから始まります。1914 年、画家を志して米沢から上京した椿は、劉生の個展を見て弟子入りを志願し、稀にみる師弟関係を築いていくことになります。劉生の勧めで巽画会に出品した椿は最高賞を得、鮮烈な画壇デビューを果たします。その後、二人は写実を通して「内なる美」と「日本人の油絵」を追求すべく、草土社の創立に参加し、当時の画壇に新風を吹き込みました。
劉生亡き後、椿は劉生が熱望していたヨーロッパ遊学を果たしたことで、かえって日本を意識するようになります。帰国後、椿は充実した制作活動を展開し、自己の独自性を発揮していきます。特に自身の家族を描いた作品は、従来の暗い色調から一転し、明るく温かいものに変化し「愛情の画家」と呼ばれるようになりました。椿は自らの言葉「画道精進」に象徴されるように、61 歳の生涯を閉じるまで写実の道を追求し続け、「日本人の油絵」を成就していきました。
本展では、劉生と椿の作品や書簡など資料類を展示し、二人の絆と追い求めた写実の美に光を当てます。「内なる美」を生み出した劉生と、「愛情の画家」となった椿の軌跡を辿ります。

主催者・アーティスト

岸田劉生、椿貞雄

開催日時 2017年10月 7日2017年12月17日
09:30 ~ 17:00
会場 笠間日動美術館 企画展示館
笠間市笠間978-4
関連URL http://www.nichido-museum.or.jp/
ジャンル
料金 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
備考

毎週月曜日(但し10月9日は開館、10日休館)

情報更新 2017年8月26日 (URL)

コメントを書く