カンヴァスの中の巨匠たち Self-Portraits by Painters

2017年5月27日 ~ 2017年7月30日 笠間日動美術館 企画展示館

古くから画家は自画像を描いてきました。自画像は、画家あるいは彫刻家が自分自身を表現した作品をいい、彫刻の場合はとくに自刻像といいます。
当たり前のことですが私たちは自身の顔を直接見ることはできません。どんな表情なのかは鏡を通して間接的に見るしかないのです。鏡の中の顔を見つめ、心の中で対話しながら描かれた自画像は単なる肖像画ではなく、自ずと精神性が表れたものであるはずです。絵を描く職業ならではの、究極の自己表現が自画像といえましょう。
このたびの展覧会では、笠間日動美術館所蔵の自画像コレクションより約60作家を取り上げ、絵画作品も合わせ展示します。これらの作品に私たちは画家の人格までも垣間見ることができるでしょう。

● 学芸員によるギャラリートーク
6月10日(土)/7月8日(土)/7月23日(日)各日14:00~
● 水彩・パステル基礎講座
6月10日(土)「自己を見つめる"自画像の魅力"」
7月8日(土)「写生画"人のいる風景"」 各日10:00~15:00(昼休憩1時間有り)

開催日時 2017年5月27日2017年7月30日
09:30 ~ 17:00
会場 笠間日動美術館 企画展示館
笠間市笠間978-4
関連URL http://www.nichido-museum.or.jp/
ジャンル
料金 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生無料
備考

毎週月曜日(ただし7月17日は開館、18日は休館)

情報更新 2017年5月27日 (URL)

コメントを書く